小さなサイズに凝縮された美と創造の世界

第36回(2019年)FUKUIサムホール美術展

重要なお知らせ(主催者の変更)

■第36回展(2019年)は FBC(福井放送)の主催により

 実施されます。応募に関する内容は同社事業部 までお問い

 合わせください。

FBC(福井放送)のリンク先はつぎの通りです。

http://www2.fbc.jp/samu/

 【お問い合わせ先】
 FBC(福井放送)事業部
 〒910−8588
 福井県福井市大和田2−510
 電  話 (0776)57−5489
 受付時間 (平日)午前10:00〜12:00
          午後1:00〜5:00
          土日祝日はお休み


 ★以下の掲載内容は前回展のもの です。ご参考までに掲示いたしておきますが、あくま
  でも第35回展の要項です。第36回展ではいろいろな点で変更点が出てまいります
  ので、ご応募をご検 討の際には十分ご注意ください。
                           (2019年5月29日更新)

【第35回展(過去)の開催実績】

■趣旨
[サ ムホール]とはキャンバスのサイズが[22.7センチ× 15.8センチ]の規格のものをいいます。はがき2枚分よりひと回り大きいサイ ズです。この限られたスペースのなかに凝縮された美と創造を競う展覧会がFUKUIサムホール美術展です。わが国の代表的なサムホール展として知られ、今 回も、全国から643点もの力作が寄せられました。厳正な審査の結果、66点の入賞、194点の入選作品を選考いたしましたので発表します。

■展覧会(終了)
・期 間 2018年7月19日(木)〜8月1日(水):会期中無休
     午前10:00〜午後6:00
・会 場 福井カルチャーセンター・ホール
・展示数 260点(入賞・入選の全作品)

■表彰式(終了)
・期 日 2018年7月29日(日)午後2:00
・会 場 福井カルチャーセンター・スタジオ

        表彰式の後、懇親会 (参加自由・無料) を開催します。

■運営
【主催】一般財団法人 福井カルチャーセンター
【共催】福井新聞社・FBC福井放送
【後援】福井県・福井市・福井県教育委員会・福井市教育委員会
【協賛】潟Iリジン・ナカガワ胡粉絵具梶Eホルベイン画材梶E潟~ューズ
【協力】活艫Uワ画房
【主管】一般財団法人 福井カルチャーセンター


■全体講評
 47都道府県から643点ものレベルの高い作品が寄せられ、本展の充実ぶりに感動を覚える。回を重ねるごとに、アイデアと表現方法が多様化し、描く技術 と画材に進化がみられるなど、審査していて学ぶところが多かった。
 今回は、テーマを掘り下げた作品、見て分りやすい作品の応募が多かった。審査は、色彩、構成、素材といった絵画における重要な要素を見極めながら進めて いくが、上位には、テクニックの面だけでなく、モチーフに対する掘り下げが深く、個性的な作品が並んだ。なかでも大賞、準大賞に輝く二つの作品は、オーソ ドックスな技法を用いながらも、サムホール(22.7センチ×15.8センチ)という小さな枠のなかに心象風景を描き切った表現力と完成度が、高く評価さ れた。県外からの応募が多数を占めるなか県内の応募作品中32点が入賞入選を果たし、本県の美術愛好者にとって大きな刺激となった。
 35回の歴史を刻む、福井発の、わが国最高水準のサムホール美術展であり、大変見どころの多い展覧会なので、ぜひ会場に足を運んで、小さな画面に凝縮さ れた美と創造の世界にふれてほしい。(講評は審査委員5氏の講評を展覧会事務局がまとめたものです。)

■大賞受賞作品の選評
 大きな月と夜景を背景に子供の後ろ姿を描いた詩情あふれる作品。この子の先にあるのは夢か、希望か、不安か。顔が見えないぶん、より強く、より深く作者 の心の動きが伝わってくる。シンプルな画面のまとめ方と左右対称の力強い構成が見どころ。

■準大賞受賞作品の選評
 夢のなかで自分が蝶か、蝶が自分か区別がつかなくなったという荘子の「胡蝶の夢」の故事に基づく幻想的なイメージの作品。作者の心のうちにある心象風景 を優れた描写力と少ない色数で描いた独特の色彩感覚が見どころ。



大賞          ▽大 賞

        I believe

         文原久枝(63)

         大阪府高槻市


 






準大賞

    ▽準大賞

       胡蝶の夢

     矢田喜章(51)

     愛知県豊川市







■審査結果(入選以上260点)

 ≪ここをク リックすると第35回展の成績をご覧いただけます≫

■審査委員
 石堂裕昭(福井市美術館館長)
 大森 悟(現代美術作家、女子美術大学教授)
 加藤 進
(日本画家)
 坂井敏之(洋画家)
 芹川貞夫(福井県立美術館元館長)
 ※50音順、敬称略

■賞
 大    賞(1点) 賞状・トロ フィー・副賞30万円
 準   大   賞(1点) 賞状・トロフィー・副賞10万円
            ※大賞、準大賞は主催者「買い上げ作品」となります。
 優   秀   賞(5点) 賞状・トロフィー・副賞2万円
 福井県知事賞(1点) 賞状・トロフィー
 福 井 市長賞(1点) 同
 福井新聞社賞(1点) 同
 FBC福井放送賞(1点) 同
 奨   励   賞(20点)同
 協 賛 社  賞(5点) 同
 佳        作(30点)同


■お問い合わせ先
  〒910−0005 福井市大手3−4−1、福井放送会館5階
  福井カルチャーセンター内「FUKUIサムホール美術展」事務局
  TEL(0776)23−3000
  FAX(0776)23−3031
  http://291cc.jp


       (参考)■第35回(2018年)展 応募要項

■出品規定
・画面の大きさがサムホールサイズ[22.7センチ×15.8センチ](額を除く)の絵画
 作品(平面)に限ります。立体、造形、手工芸、CG等の技法によるもの、規格違いの作
 品は応募できません。
・作品は額装してください。額装がないもの、未乾燥のものは作品に損傷を与えますので選
 外扱いとします。額装面にガラスは使用できません(アクリル板可)。額装してあっても
 展示会場の壁面に展示が困難な作品は選外扱いとする場合があります。
・応募者本人が制作した作品であること。かつ他のコンクールや個展などに出品していない
 未発表作品に限ります。
・規定外の作品は選外とします。
・出品点数 1人2点以内
・出 品 料 1点につき3,500円
・応募資格 高校生以上

■出品料の払い込み(振替)/出品手 続き/応募
<委託搬入の場合>
@出品料の事前払い込み
・作品を搬送する前に、お近くの郵便局(またはゆうちょ銀行)から所定の出品料と返送料を郵便振替で事前に払い込んでください。
・振替に使う伝票は郵便局に備え付けの払込取扱票(青色)または「FUKUIサムホール美術展事務局」専用の払込取扱票を使ってください。振替手数料は出 品者の負担とします。払い込み先の口座記号番号など必要事項を印字した専用の払込取扱票をご希望の方は美術展事務局まで電話でご請求ください。
・払込取扱票の通信欄には、住所、氏名のほか、払い込み金額の内訳(「出品点数」「出品料」「返送料」)と合計金額を明記してください。
・払込先 [口座記号番号]00790−0−95212
     [加入者名]FUKUIサムホール美術展事務局
・払い込みが済みますとお手元に振替払込請求書兼受領証が戻され、出品料と返送料の払い込み手続きが完了します。
A出品票(A)と貼付票(B)と作品受付通知書(C)の記入
・すべての用紙に必要事項を楷書で記入してください。
・出品票(A)は応募本票です。この用紙の裏面の指定場所に、出品料払い込み時に受領した振替払込請求書兼受領証(コピー可)を貼付してください。同受領 証の貼付がないと出品料未納扱いとなり作品の受付ができませんので必ず貼付してください。
・貼付票(B)は作品1点ごとに「額の裏側の右下」にセロテープで貼り付けてください。
・作品受付通知書(C)は受付手続きが完了したことをお知らせするためのもので作品ごとに受付番号をつけて、事務局からご応募者あてにご返信します。C票 には必ず52円切手を貼ってください。
・これらの用紙が不足の場合は本紙を複写してご利用ください。
B作品発送・搬入
・作品発送の準備が整いましたら、出品票(A)と作品受付通知書(C)を適当な大きさの封筒に入れ、封筒のおもて面に「出品票在中」と朱書きして作品に同 梱し、委託搬入指定日に事務局に搬送してください。受付が完了次第、事務局から作品受付通知書(C)を郵送します。その際、少し時間がかかることがありま す。
・作品に出品料等の現金の同梱は固くお断りいたします。事前に郵便局(またはゆうちょ銀行)で振替による払い込みをお願いします。
・受付後は出品作品の変更、画題の変更、取り消し、出品料の払い戻し等はできません。
<直接搬入の場合>
・出品票(A)と貼付票(B)と作品受付通知書(C)すべての用紙に必要事項を楷書で記入し、所定の出品料を添えて搬入してください。
・このうち貼付票(B)は作品1点ごとに「額の裏側の右下」にセロテープで貼り付けてください。
・作品受付通知書(C)は受付完了後、作品ごとに受付番号をつけてその場でお返しします。直接搬入の場合、62円切手の貼付は不要です。
・受付後は出品作品の変更、画題の変更、取り消し、出品料の払い戻し等はできません。

■作品搬出
<委託搬出の場合>
・返送料(梱包代含む)として別途2,500円(2点まで可。2点の場合は1個に同梱できること)を申し受けます。作品搬入の前に出品料と合わせて払い込 んでいただき、払込取扱票にその旨を記入してください。
・展覧会終了後、本展指定の宅配業者を通じてなるべく早くご返却します。
<直接搬出の場合>
・日 時 8月3日(金)・4日(土)
     午前10:00〜午後6:00
・場 所 福井カルチャーセンター
・搬出時には作品受付通知書(C)と引き換えに作品をお返しします。必ず持参してください。

                            (2018年8月2日現在)


ページの先頭へ


漢字検定 年間延べ 208万人(2017年度実績)が受 検する現代人の基礎資格

日本漢字能力検定

★ご注意ください。願書提出先と検定会場が変わりました

 これまで福井カルチャーセンター(福井駅前)が実施していましたが、2019年4月か
 ら実施機関が、福井新聞社と(公財)日本漢字能力検定協会の共同開催に変更になりまし
 た。それに伴い願書受付場所と受検会場が変わりました。お間違いのないよう、お願いい
 たします。

 ◎お申し込み・お問い合わせ先
       「漢検」福井県代理店・公開検定会場
       福井新聞文化センター
        福井市大和田2−801 福井新聞社2階
        電話0776−57−5200
        【受付時間】月〜土 午前10時〜午後8時(祝日は除く)


ページの先頭へ


小学生の英語の力試し

全国児童英語技能検定試験

■本検定に関する業務は2018年度をもって取り扱いを終了しました。

 

ページの先頭へ


開運招福。年末年始の風物詩

ふくい暦市

■この行事に関する業務は2018年度をもって取り扱いを終了しました。

ページの先頭へ


妙なるハーモニー。魂をゆさぶる!

第32回(2019年)
福井県ヴォーカルアンサンブルコンテスト

■第32回大会は終了しました。

ページの先頭へ


福井カルチャーセンターホールの行事案内

※当ホールは2019年3月31日をもちまして閉館しました。37年間のご利用まことにありがとうございました。(2019年4月1日更 新)


ページの先頭へ